このライブアルバムほど別ジャケ、別タイトル、曲の構成を少し変えてこの世に出てしまったアルバムは無いのではないかと思うくらい出た。かなりクールにとっても厳しい時代ということは間違いないと思う。しかし内容はタイトル通りのグレイテスト・ヒット・ライブです。クールのライブへ行くとだいたいこんな感じで、ほとんどJT時代のヒット曲オンパレード状態になる。JT時代のヒット曲を新メンバーが歌っているのである。正直書いてて寂しい部分もあったり・・・しかし、圧倒的に沢山のライブをこなしているグループだけあり、お客を乗せるツボは心得ている。ライブに行くと、まんまとクール達の思うツボにはまってしまうのである。

判っていても、そうなってしまうのだから「さすが!」という事になるのだろう。「TOO HOT」のオディーン・メイズは圧巻です!

(とアルバムを聞かずにここまで書いてしまいました)そんな事は関係なくCDを聴いてみて下さい!すぐにノリノリです!!それがクール&ザ・ギャングなのです!!

GREATEST HITS LIVE!(1993)

 

1. VICTORY - 4:58 (K.Bayyan-J.Taylor)

2. LADIES' NIGHT - 3:43 (G.Brown-Kool & The Gang)

3. FRESH - 1:57 (J.Taylor-Kool & The Gang-S.Linzer)

4. TAKE MY HEART - 2:28 (C.Smith-J.Taylor-G.Brown-Kool & The Gang)

5. HOLLYWOOD SWINGING - 4:57 (R.West-Kool & The Gang)

6. TOO HOT - 9:29 (G.Brown-Kool & The Gang)

7. JOANNA - 3:31 (C.Smith-J.Taylor-Kool & The Gang)

8. CHERISH - 5:55 (R.Bell-J.Taylor-Kool & The Gang)

9. OOH LA LA LA (LET'S GO DANCING) - 4:35 (K.Bayyan-J.Taylor-Kool & The Gang)

10. GET DOWN ON IT - 2:17 (R.Bell-J.Taylor-Kool & The Gang)

11. CELEBRATION - 4:37 (R.Bell-Kool & The Gang)

12. TONIGHT - 4:24 (R.Bell-Kool & The Gang)

13. EMERGENCY - 3:56 (R.Bell-Kool & The Gang)

 

Produced by John Ravenhaa\ll for Freestyle Recodings Ltd.

Digitally Recorded in 1993 in London & Australia

 

Robert "Kool" Bell - Bass, Vocals

Dennis "D.T." Thomas - Saxphone, Vocals

Charles Smith - Guitar

Clifford Adams - Trombone, Vocals

Odeen Mays Jnr. - Keyboards, Lead Vocals

Sonnie "Skip" Martin - Trumpet, Lead Vocals

Shawn McQuiller - Guitar, Lead Vocals

Robert "Robbie G" Goble- Drums, Percussion

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

backdisography topnext

BBS